埼玉県新座市 特定社会保険労務士モリ事務所

中小企業・人事労務コンサルタント 埼玉県新座市野火止5-2-35-801

トップ > 特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士(特定社労士)とは

特定社会保険労務士は、労働者と経営者が争いになったとき、次のADRにおける代理人として、裁判によらない円満解決を実現することができる社会保険労務士のことを指します。
要するに、労使間のトラブルを円満に解決するためのお手伝いができる「国家資格者」ということです。

「紛争解決手続代理業務」の内容・・・

★上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の終結の代理を含む。

※(参考)社会保険労務士が、特定社会保険労務士になるには、『厚生労働大臣が定める研修を修了』し、『「紛争解決手続代理業務試験」に合格』した後に、その旨を連合会に備える社会保険労務士名簿に付記しなければなりません。 (当事務所は、平成18年より特定社労士として名簿登録しています。)

労使間トラブルのご相談は、経験豊富な「モリ事務所」までお気軽にお問合せ下さい。
初回相談無料です。 電話048-477-9166 (随時お受けします)

特定社会保険労務士 モリ事務所 初回の御相談は無料です

主な活動地域
埼玉県内(新座市、志木市、朝霞市、和光市、富士見市、ふじみ野市、さいたま市など)東京都内(練馬区、板橋区、清瀬市など)

主な顧問先業種
病院、診療所、調剤薬局、介護事業所、建設業、運送業、製造業、印刷業繊維製品卸売業、小売業、サービス業、人材派遣業など

ページのトップへ戻る